ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 理想の建築工房がインドにあった。STUDID MUMBAI 建築展 | main | 南アルプスの山々を望む住宅をゲストハウスへリフォーム 山梨県韮崎市2012.2完成 >>
2012.08.12 Sunday

スワロフスキー銀座店を見て、素材の使い方の上手さをみた。

 
ファサードデザインはステンレス鏡面のスダレで出来ている.何よりその豪華さに目を奪われる。
スダレの下部は、ランダムにきりっぱなしでガラスの素材の鋭利さを思わせる。
内部写真。床の人工の石材にはよくみると、クリスタルガラスが埋め込まれている。
奥にはシャンデリア。
シャンデリア詳細。クリスタルガラス一個一個が天井から吊られている。天井と床からライトアップされておりその効果がよい。奥に控える白い壁はクリスタルガラスのような変形四角の断面のセラミックタイルで出来ている。

銀座通りに面するこの有名なお店はクリスタルガラスを素材とする宝飾店です。ある著名な日本人デザイナーによって手掛けられました。お店の内外のデザインは目を見張るものであり、随所にデザイン上の面白い試みにあふれています。ガラスという素材は実体があるようでなく、それでいて耐久性は他のどんな材料よりも優れていて強いという不思議な材料です。このお店の売りとするガラスは板ガラスとは違い実体のある固まり状のガラスです。そのソリッド性を強調する為、他の材料すなわちセラミックとか石とか金属をソリッド的に使うことでガラスとデザイン的に馴染ませ、ガラスをより高価な価値のある素材として高めています。各種の素材で出来た内装はその主役のガラスを多いに引立てています。
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album