ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 古代ギリシャ劇場とエトナ山(シチリア州タオルミーナ)1996.7 | main | 東京駅と東京中央郵便局の大改修。いよいよ形が見えて来た! >>
2012.02.07 Tuesday

いろいろな階段

 
右往左往・へびのような・ミラー付の階段/G.C.PRESS銀座店

この地下へ至る階段は、見たことのないようなS字をしていますゆがみ/くねり/ミラーで幻惑/など遊び心満載です。地下室にはエレベータ−出入口に見せかけた収納とか、フェイクな仕掛けが随所にあります。この店は特注封筒・名刺・カードのデザインと印刷する会社で、その遊び心ある内装デザインは商業建築ならではです。改修なのか新築なのかはわかりませんが、改修ならばこのデザインの処理は見事です。


ガラスブロック窓に寄り添う階段。

当方設計による最近作の改修階段。築40年近い鉄筋コンクリートの住宅の二階へ至る階段です。狭くて暗く急な既存階段を廃棄し、別の場所に新たに階段を設けました。改修後の階段は登り易く明るくなりました。もともとこの階段部の一階は倉庫であり二階部はテラスでしたが,思い切って二階のコンクリート床を撤去し室内化することで階段となりました。ここに階段を設けようと考えたのはガラスブロック窓からさす光がとてもきれいだったからです。

セラー付螺旋階段 /フェイスブック:KENCHIKU による。

らせん階段をそのままワインのセラーとしている事例です。半円の床蓋の開閉は二カ所の床スイッチで行なうのではないか?と想像。放射状にしまわれるワインがおもしろい。階下に至り、そこが部屋となっているかどうかは写真がなくわかりませんが、そういう楽しい想像も膨らむ「見せるセラー+らせん階段」です。別名では Wine Well (ワイン井戸)とでも言いましょうか・。




コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album