ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 古き良き・色あせない・日本発・脱帽デザイン | main | カルタジローネの大階段(シチリア島)1996.7 >>
2011.12.11 Sunday

秋の終わりの水元公園−葛飾区/自転車紀行 12/10


大池と対岸
メタセコイヤの林
散策路
広大な芝生の園庭と印象的な立ち木群

12月10日。この日はそれほど寒くはなく絶好の自転車日和。江戸川を河口より河川敷道をさかのぼり葛飾区柴又を超えたところから.すこし脇に入ると水元公園にいたります。水元公園は都の公園の中で最大の面積を誇る公園だそうです。回りは住宅地に囲まれているせいか、全貌がわからない。公園に入ると中心部の大きな池を中心にその巨大さがわかります。大きな池は大河の名残らしく現在は災害時の調整池を兼ねているそうです。さらに樹種の中には日本ではあまりみかけないメタセコイアという落葉針葉樹があるために日常的な風景でない美しさがあります。それは「北欧や北米などの寒冷地で氷河が削った窪地が湖となり背景は針葉樹群に囲まれ」と言う雰囲気に近いからでしょう。メタセコイアの林は圧巻で、よく手入れされている下草との対比が美しく、非日常の風景が東京にも存在する不思議さを感じたものでした。
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album